再受験医師の社説紹介ブログ

医学部再受験し、地方国立大学を卒業しました。 毎日全国紙の社説のうち、面白そうなものを紹介します。 各紙の話題が共通している場合は、内容を比較します。

【社説比較】子育て給付金制度の不備、佐渡金山の世界遺産推薦

各紙の比較

読売が「財政黒字化目標/カザフスタン長期独裁」

朝日が「中国の人権/子育て給付金制度の不備」

毎日が「大震災と共助/若者世代のがん」

産経が「世界遺産登録への佐渡金山推薦/ウクライナ危機」

 

をとりあげた。

子育て給付金と世界遺産登録について、事情をみておこう。

 

 

 

子育て給付金

 朝日によると、『18歳以下の子ども1人につき10万円を、子育て世帯へ支給する臨時特別給付金が、離婚したひとり親家庭などに届かない事例が各地で出ている』。

 

 支給対象は『中学生以下の子どものいる世帯は昨年9月分の児童手当の受給者、高校生のいる世帯は9月30日時点の養育者』だ。一見妥当に思えるが、『この基準日以降に離婚すると、児童手当の受給者や振込先を変更しても、昨年9月分の受給者だった人に、すでに子どもと暮らしていなくても給付金が支給されるという』。

 

 また、『配偶者のDV(家庭内暴力)から逃れるために別居している場合は、実態に即して対応することになっているが、当事者がそのことを知らなかったり、手続きが間に合わなかったりして支給先を変更できないケースもある』。

 

 朝日は、政府が自治体任せにせず措置を講じるよう求めた。

 

 

 

世界遺産登録への佐渡金山推薦

 産経によると、佐渡金山の世界遺産登録への推薦について、『政府内では推薦の見送りを検討しているという』。

 

 『朝鮮半島出身者が過酷な労働に従事したとして韓国が反発しており、令和5年の登録が見込めないというのが見送りの理由だ』。

 

 産経は、『申請対象は、あくまでも「江戸時代まで」だ。韓国が問題視する戦前、戦中とは時期が異なる』こと、『昭和15~17年に朝鮮半島出身者約1千人が佐渡金山で働いていた事実はあるが、給与などは支払われていた』ことを指摘して反論した。

 

 そして政府に『事実に基づき韓国の主張に反論し、国際社会の理解を得る』よう求めた。

 

 

 

リンク

読売:

財政黒字化目標 維持するのなら具体策を示せ : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

カザフスタン 長期独裁の綻びが露呈した : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

 

朝日:

(社説)中国の人権 なぜ出国を認めぬのか:朝日新聞デジタル (asahi.com)

(社説)子育て給付金 制度の不備 国が是正を:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

毎日:

社説:大震災と共助 地域守る仕組み再構築を | 毎日新聞 (mainichi.jp)

社説:若者世代のがん 多様な悩み受け止めたい | 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

産経:

【主張】世界遺産登録 ぶれずに佐渡金山推薦を - 産経ニュース (sankei.com)

【主張】ウクライナ危機 米国支え露の侵攻を阻め - 産経ニュース (sankei.com)

 

 『』内はリンクからの引用です。