再受験医師の社説紹介ブログ

医学部再受験し、地方国立大学を卒業しました。 毎日全国紙の社説のうち、面白そうなものを紹介します。 各紙の話題が共通している場合は、内容を比較します。

【社説比較】経団連春闘方針/建設統計不正の報告書

各紙の比較

読売が「北ミサイル対処/経団連春闘方針」

朝日が「オミクロン対応/北朝鮮ミサイル」

毎日が「東大前で受験生刺傷/建設統計不正の報告書」

産経が「みずほ新体制/噴火と津波情報」

 

をとりあげた。

経団連春闘方針と建設統計不正についての社説を確認する。

 

 

 

経団連春闘方針

 読売によると、『経団連は、今年の春闘に向けた経営側の方針となる「経営労働政策特別委員会報告」を公表した』。その中で、『好調な企業に対しては、基本給を底上げするベースアップ(ベア)を行うよう促した』。

 

 読売は、『余力のある企業は、利益を賃金の形で社員に還元する責務がある』と賃上げを促した。

 

 日本の賃上げは、国際的にみて低水準だ。『経済協力開発機構OECD)によると、物価を勘案して調整した購買力平価に基づく20年の平均賃金は、日本がドル換算で米国の5割程度で、韓国より低い』。また、『各国通貨ベースでは、米英独や韓国は20年前の1・5~2倍に伸びたが、日本は減っている』。

 

 

 

建設統計不正の報告書

 毎日によると、『国土交通省の「建設工事受注動態統計」を巡る不正で、第三者委員会が調査報告書をまとめた』。報告書には『任期を無難にやり過ごせばいいという事なかれ主義的な体質』が現れているという、

 

 『データを無断で書き換える行為は2000年には始まり』、『担当者の間で引き継がれ、前例に従って漫然と続いていた』。担当者は『2年程度で異動を繰り返す』という、

 

 担当職員が上司に訂正を訴えたことなど、訂正の機会もあったが、『いずれも上司が消極的で対応をしなかった』。

 

 毎日は、『組織として事実関係を究明し、処分を行うべき』、『ウミを出し切るため、今一度すべての官庁でチェックを徹底する必要がある』と厳しく求めた。

 

 

 

リンク

読売:

北ミサイル対処 反撃能力の検討を進めたい : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

経団連春闘方針 賃上げは好調な企業の責務だ : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

 

朝日:

(社説)オミクロン対応 社会機能維持へ柔軟に:朝日新聞デジタル (asahi.com)

(社説)北朝鮮ミサイル 「瀬戸際」許さぬ結束を:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

毎日:

社説:東大前で受験生刺傷 丁寧に事件の経緯解明を | 毎日新聞 (mainichi.jp)

社説:建設統計不正の報告書 「事なかれ」はここだけか | 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

産経:

【主張】みずほ新体制 悪しき企業風土に決別を - 産経ニュース (sankei.com)

【主張】噴火と津波情報 検証を重ねて次に生かせ - 産経ニュース (sankei.com)

 

 『』内はリンクからの引用です。