再受験医師の社説紹介ブログ

医学部再受験し、地方国立大学を卒業しました。 毎日全国紙の社説のうち、面白そうなものを紹介します。 各紙の話題が共通している場合は、内容を比較します。

【社説比較】温室ガス取引

各紙の比較

読売が「温室ガス取引/部活の地域委託」

朝日が「伊方原発/経済安保法案」

毎日が「ベラルーシ国境の混乱/在外邦人の投票」

産経が「彭帥選手問題/オプジーボ和解」

 

をとりあげた。

温室ガス取引のルールを確認しておこう。

 

 

温室ガス取引

 読売によると、『国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)では、温室効果ガスの削減量を国際的に取引するルールが合意された』。

 

 『先進国が途上国で脱炭素につながる技術や資金の援助を行った場合、途上国での排出削減量の一部を自国分としてカウントできる仕組み』で、『実施した場合、30年までに世界の排出量の3割近くを減らせるとの試算』という。

 

 『二重計上を防ぐ』ための規定もあり、『削減分の計上方法は相手国ごとに協議するが、半分ずつになるケースが多いと想定されている』。

 

 日本には『太陽光発電や省エネ技術の導入などで、アジアを中心に途上国を支援する独自の制度』があり、『30年度までに累計1億トン分の排出を減らす方針』だという。

 

 

 

リンク

読売:

温室ガス取引 途上国の削減を日本の技術で : 社説 : 読売新聞オンライン

部活の地域委託 実現には課題が山積している : 社説 : 読売新聞オンライン

 

 

朝日:

部活の地域委託 実現には課題が山積している : 社説 : 読売新聞オンライン

(社説)「経済安保」法案 かけ声先行は危うい:朝日新聞デジタル

 

毎日:

社説:ベラルーシ国境の混乱 「難民」を道具に使う非道 | 毎日新聞

社説:在外邦人の投票 ネット方式の本格検討を | 毎日新聞

 

産経:

【主張】彭帥選手問題 異様な国だと再認識せよ - 産経ニュース

【主張】オプジーボ和解 産学連携の抜本的改善を - 産経ニュース

 

 『』内はリンクからの引用です。