再受験医師の社説比較

医学部再受験し、地方国立大学を卒業した精神科医です。 毎日全国紙の社説を比較します。多面的な見方を養い、幅広い知識をつけることを目標にしています。 勉強の手段としてAnkiというアプリを使用しており、これに転記できるようなQ&Aを付け加えています。

【社説比較】欧州のガス高騰、最高裁の国民審査など

各紙の比較

 読売が「成長戦略/欧州のガス高騰」、朝日が「衆院選憲法衆院選と沖縄の基地」、毎日が「孤独・孤立対策/最高裁の国民審査」、産経が「核のごみと町長選/衆院選社会保障」をとりあげた。

 

 欧州のガス高騰、最高裁の国民審査について共有しよう。

 

 

 

欧州のガス高騰

 読売によると『欧州の天然ガスの価格は、今年初めの5倍超に値上がり』し、EUが対応を迫られている。

 

 原因は、『コロナ禍からの景気回復に伴い、エネルギー需要が高まったのに加え、欧州では今夏、風が弱かったために風力発電による電力供給が減ったことが大きい』という。

 対して、『EUは首脳会議で、緊急対策として、各国政府に低所得者層や中小企業への補助金支給などの支援を行うよう求めた』。

 

 EU天然ガス確保において、『ロシアからの輸入は、総輸入量の3割を超えている』。現在、ロシアからの輸入量調整がうまくいっていないようで、『フォンデアライエン欧州委員長は、ロシアが供給増に柔軟に応じようとしないことへの不満を表明した。欧州議会からロシアによる意図的な価格操作を疑う声まで出た』。

 

 読売は、『ロシアとの距離感を巡っては、EU内でも温度差がある。ドイツはロシア産天然ガスを輸送するパイプラインを増設する一方、東欧諸国では、ロシアが欧州のエネルギー供給で影響力を増大することへの警戒感が強い』と指摘し、『EUとして政策を一本化することは容易ではあるまい』と懸念した。

 

 

 

最高裁の国民審査

 毎日は、『衆院選の投票に併せて、最高裁裁判官の国民審査が実施される』ことを注意喚起し、投票を呼びかけた。

 

 『今回は、全15人の裁判官のうち11人が対象となる。全員が審査された1949年の第1回を除くと最多である』という。もっとも、『この制度では延べ179人が審査を受けたが、罷免された人は一人もおらず、形骸化が指摘されている。最も「×」の割合が高い人でも15・17%だった』。

 

 毎日は『判断材料になるのが、関わった裁判で示した考え方だ』として、『夫婦別姓を認めなかった6月の決定には、対象者のうち7人が関わった。同姓を義務づける民法の規定について4人が合憲、3人が違憲との見解を示した』ことを紹介した。

 

 

その他の話題

産経によると、『26日に行われた北海道寿都(すっつ)町の町長選挙』で、『原子力発電で生じる高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定の第1段階に当たる「文献調査」』を推進する『現職の片岡春雄氏』が再選を果たした。

 

 

 

 

リンク

読売:

成長戦略 経済再生への展望がほしい : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

欧州のガス高騰 安定供給の道筋どう付けるか : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

 

朝日:

(社説)衆院選 憲法 議論の土台立て直しを:朝日新聞デジタル (asahi.com)

(社説)衆院選 沖縄の基地 「我が事」と受けとめて:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

毎日:

社説:視点・総選挙 孤独・孤立対策 危機感を緩めず着実に=論説委員・玉木達也 | 毎日新聞 (mainichi.jp)

社説:最高裁の国民審査 司法への評価示す機会だ | 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

産経:

【主張】核のごみと町長選 エネ政策を深める起点に - 産経ニュース (sankei.com)

【主張】衆院選と社会保障 制度改革の全体像を語れ - 産経ニュース (sankei.com)

 

 『』内はリンクからの引用です。