再受験医師の社説比較

医学部再受験し、地方国立大学を卒業した精神科医です。 毎日全国紙の社説を比較します。多面的な見方を養い、幅広い知識をつけることを目標にしています。 勉強の手段としてAnkiというアプリを使用しており、これに転記できるようなQ&Aを付け加えています。

【社説比較】保釈中の逃走防止

各紙の比較

 読売が「選管の作業/保釈中の逃走防止」、朝日が「原発政策」、毎日が「台湾海峡の緊張/加速する人口減少」、産経が「エネルギー公約」をとりあげた。

 

 保釈中の逃走防止について、現状をみておこう。

 

 

 

保釈中の逃走防止

 読売によると、『法制審議会は、保釈中の被告が逃亡することを防止するため、刑事訴訟法などの改正に向けた要綱を古川法相に答申した』。

 

 具体的には、『裁判所が海外逃亡の恐れがあると判断した場合、居場所を特定するGPS端末を装着することを被告に命じられるようにする』。そして、『空港に行ったり、端末を外したりすれば検知され、警察官らが急行する仕組みだ。違反者には懲役1年以下などの罰則も設ける』。

 

 背景には、保釈中の逃走者増加がある。『日本は、否認する被告の保釈が認められにくく、国内外から人質司法」と批判されてきた』。批判を受けて、『近年、保釈件数が増えてきた』。『1審判決前に保釈が許可された被告は19年、1万4813人に上り、09年に比べ4000人近く増えた』。

 

 それに伴って逃走者の数も増え、『逃走などを理由に保釈が取り消された被告も、5倍の219人に増加している』という。

 

 

その他の話題

・エネルギー政策に関して、朝日はいつもどおり脱原発を主張した。いっぽう産経は、足下のLNG化石燃料高騰を危惧し、安定供給のための方策を求めている。

 

・毎日は、人口減少が衆院選の論点になっていないことに不満を漏らした。

 

 

 

 

リンク

読売:

選管の作業 ミス防止へ1票の重み自覚を : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

保釈中にGPS 被告の逃走防止策を徹底せよ : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

 

朝日:

(社説)衆院選 原発政策 10年前を思いだそう:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

毎日:

社説:緊張続く台湾海峡 圧力ではなく対話の道を | 毎日新聞 (mainichi.jp)

社説:日本の選択 加速する人口減少 「見て見ぬふり」やめよう | 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

産経:

【主張】エネルギー公約 安定供給の議論尽くせ 足元の高騰にも警戒怠るな(1/2ページ) - 産経ニュース (sankei.com)

 

 『』内はリンクからの引用です。