再受験医師の社説比較

医学部再受験し、地方国立大学を卒業した精神科医です。 毎日全国紙の社説を比較します。多面的な見方を養い、幅広い知識をつけることを目標にしています。 勉強の手段としてAnkiというアプリを使用しており、これに転記できるようなQ&Aを付け加えています。

【社説比較】台風の教訓、日鉄のトヨタ提訴

各紙の比較

 読売が国際課税ルール/不登校最多、朝日が成長と分配/台風の教訓、毎日が暮らしと経済政策、産経が日鉄のトヨタ提訴/G20とCOP26をとりあげた。

 

 台風の教訓、日鉄のトヨタ提訴について確認する。

 

 

 

台風の教訓

 朝日は『12日に伊豆半島に上陸し、関東、東北を縦断した台風は、記録的な大雨と暴風、高波を伴い、防災面で多くの課題を突きつけた』として、今後の課題を提示した。

 

 今回の台風では、大雨特別警報を『解除した後に川から水があふれる事態が続出』した。今後、『国交省はサーバーの増強や水位監視カメラの増設などを進め、気象庁は特別警報を解除する際には、その後の氾濫(はんらん)見通しをあわせて発表するようになった』という。

 

 また、朝日は『ハザードマップの整備と周知』の重要性を強調した。現状は周知が不十分で『被災住民への内閣府のアンケートでは、マップについて5割近くが「見たことがない」「見たことはあるが避難の参考にしていない」と答え、わかりにくいという声も多数あった』という。

 

 

 

日鉄のトヨタ提訴

 産経によると、『日本製鉄が自動車用電磁鋼板の特許権を侵害されたとして、国内最大手のトヨタ自動車と、鉄鋼世界最大手の中国宝武鋼鉄集団の子会社に、それぞれ約200億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした』。

 

 過去に『電磁鋼板の技術流出をめぐっては、平成24年に新日鉄(現日鉄)が韓国最大手のポスコ不正競争防止法違反で提訴し、300億円で和解した経緯がある』。『これに関連し、ポスコ側が新日鉄の技術を今回の被告企業の宝山鋼鉄に売り渡したことも判明している』という。

 

 トヨタは『「材料メーカー同士が協議すべきだ」と反発』し、『「取引締結前に他社の特許侵害がないことを製造元に確認した」と強調』している。

 

 産経は『中国企業知的財産権の侵害で提訴される事例が頻発しており、日本の産業界は部品調達の「中国リスク」を認識する必要がある』と警鐘を鳴らした。

 

 

 

リンク

読売:

国際課税ルール 歴史的合意を円滑に実行せよ : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

不登校過去最多 コロナの影響考慮した支援を : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

 

朝日:

(社説)衆院選 成長と分配 具体策を競い合え:朝日新聞デジタル (asahi.com)

(社説)台風の教訓 情報伝達の複線化を:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

毎日:

社説:日本の選択 暮らしと経済政策 分配実現の道筋を明確に | 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

産経:

【主張】日鉄がトヨタ提訴 中国調達に「死角」ないか - 産経ニュース (sankei.com)

【主張】G20とCOP26 岸田首相は出席の決断を - 産経ニュース (sankei.com)

 

 『』内はリンクからの引用です。