再受験医師の社説比較

医学部再受験し、地方国立大学を卒業した精神科医です。 毎日全国紙の社説を比較します。多面的な見方を養い、幅広い知識をつけることを目標にしています。 勉強の手段としてAnkiというアプリを使用しており、これに転記できるようなQ&Aを付け加えています。

【社説比較】育休法改正など

各紙の比較

 読売が携帯販売店調査/廃墟と文化財、朝日が育休法改正、毎日がコロナと日本企業/学校での死亡事故、産経が中国人学者の起訴/相続登記の義務化をとりあげた。

 

 育休法改正についてみておこう。

 

 

 

育休法改正

  朝日は、『男性に育児休業の取得を促すための育児・介護休業法の改正案』について報じた。『与野党とも見直しに前向きで、今の国会で成立の公算が大きい』という。

 

 現在、『育休は原則、子どもが1歳になるまで夫婦どちらでも取得できる。だが厚生労働省の19年度の調査では、女性の取得率83・0%に対して、男性は7・48%にとどまる』。

 

 『改正案では、通常の育休とは別に、男性向けの新たな制度を創設』する予定だ。その内容は、『子どもの生後8週までに4週分休むことができ、本人が希望すれば育休期間中に一定の仕事をすることもできる』。

 

 育休機関中に仕事をするというのは趣旨がわかりにくいが、『まず育休を取ってもらうことで本人や職場の認識を変え、通常の育休の普及につなげるためのもの』とのこと。

 

 もっとも、『男性で育休を取得した人の36%が5日未満で、育休をとっても家事や育児をあまりしない「取るだけ育休」への不満も聞かれる』中、新制度の効果は未知数だ。

 

 

その他の話題まとめ

読売によると、総務相が行った携帯販売店調査で、『利用者の意向をよく確認せずに割高な料金プランに誘導したことがあると答えた人が4割強に上った』という。

 

 

 

 

リンク

読売:

携帯販売店調査 顧客ニーズを踏まえた営業に : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

廃虚を文化財に 地元の熱意で活用は可能だ : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

 

朝日:

(社説)育休法改正 「男性も育児」の一歩に:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

毎日:

社説:コロナ禍と日本企業 存在意義を問い直す時だ | 毎日新聞 (mainichi.jp)

社説:学校での死亡事故 調査の義務付けが不可欠 | 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

産経:

【主張】中国人学者の起訴 恣意的な拘束は許されぬ - 産経ニュース (sankei.com)

【主張】相続登記の義務化 国民の意識変える契機に - 産経ニュース (sankei.com)

 

 『』内はリンクからの引用です。