再受験医師の社説比較

医学部再受験し、地方国立大学を卒業した精神科医です。 毎日全国紙の社説を比較します。多面的な見方を養い、幅広い知識をつけることを目標にしています。 勉強の手段としてAnkiというアプリを使用しており、これに転記できるようなQ&Aを付け加えています。

【社説比較】出生数減少など

各紙の比較

 読売と毎日が出生数減少を取り上げた。その他読売がCO2再利用、朝日が共通テストと中国海警法、毎日がジョブ型の働き方、産経がサンマ枠の削減と地震からの避難をとりあげた。

 

 出生数減少について論調を比較する。

 

 また、CO2再利用、ジョブ型の働き方、サンマ枠の削減について知識をつけておこう。

 

 

 

出生数減少

 『厚生労働省が公表した人口動態統計の速報値によると、2020年に生まれた子供の数は、前年比2・9%減の87万2683人にとどまり、過去最少だった』(読売)。

 

 

 読売によると、2020年の『婚姻数は53万件で、前年より12%減少』している。『70年ぶりの大幅な落ち込み』という。『国立社会保障・人口問題研究所の調査では、結婚の障害になっているものとして、資金や住居面の不安を挙げる人が目立った』ようだ。

 

  読売は、『若者が経済的な理由で結婚や出産をためらう』ことを防ぐために、『政府は、積極的な採用や賃金の底上げを企業に働きかけるとともに、仕事に役立つ知識や技術を習得しやすくし、安定した雇用を広げることが重要』と主張した。

 

 

 毎日は、『この傾向が続けば今年の出生数は80万人を割り込むという研究者の試算』があり、『その場合、国の想定よりも10年速いペースで少子化が進むことになる』と注意喚起した。

 

 そして、やはり『子どもを持たない理由のトップは「子育てや教育にお金がかかりすぎる」こと』だと指摘し、政府に対し経済的な不安を取り除く取り組みを求めた。

 

 具体的には、『同一労働同一賃金」の徹底を企業に促し、非正規の待遇改善につなげる』こと、『成長分野に合わせた職業訓練を充実させ、非正規から正規に移りやすい仕組みも整える』こと、『児童手当や大学など高等教育の無償化』などをあげた。

 

 

 

その他の話題まとめ

・CO2再利用

 読売は、『二酸化炭素(CO2)を回収・再利用する「カーボンリサイクル」の取り組み』を具体的に紹介した。

 

 『大成建設は、CO2をコンクリートに封じ込める新たな技術を開発』し、『30年頃の商用化を目指している』。

 

 『旭化成は、世界で初めてCO2を原料としたプラスチックを製品化し、すでに自動車やパソコンなどの部品に使われている』。

 

 『経済産業省は、北海道で製油所の排ガスをパイプで海底に引き込み、CO2を分離して地層に封じ込める実証実験を行っている』。

 

 

・ジョブ型の働き方

 毎日は、『ポストごとに職務や必要な能力を具体的に示し、それに見合う人材を雇う』ジョブ型雇用について紹介した。経団連春闘で導入を呼びかけているが、『労働団体は、雇用の不安定化を招くと懸念』している。

 

 毎日は、『ジョブ型の普及を突破口に、働き手に不利な雇用ルールが導入されないか、注意が必要』と警戒している。

 

 

・サンマ枠の削減

 産経によると、『サンマの資源管理を話し合う国際会議「北太平洋漁業委員会(NPFC)」が開かれ、現行の漁獲枠を40%削減することで合意した』。

 

 総漁獲枠は『55万6250トン』から『33万3750トン』となる。

 

 産経は、『サンマの持続的な漁が科学的に保証されたわけではない』ことを指摘し、『漁船衛星監視システムの運用や操業隻数、水揚げ量といった細かなデータ分析を基に、加盟国に合意の履行を絶えず迫っていく』事が必要だとした。

 

 

 

 

Q&A

Q.厚生労働省が公表した人口動態統計の速報値によると、2020年に生まれた子供の数は、前年比2・9%減の□人にとどまり、過去最少だった

A.87万2683

 

Q.2020年の婚姻数は□件で、前年より12%減少している。70年ぶりの大幅な落ち込みという。国立社会保障・人口問題研究所の調査では、結婚の障害になっているものとして、資金や住居面の不安を挙げる人が目立った

A.53万

 

Q.2021年、サンマの資源管理を話し合う国際会議「北太平洋漁業委員会(NPFC)」が開かれ、現行の漁獲枠を□%削減することで合意した。総漁獲枠は55万6250トンから□トンとなる。

A.40、33万3750

 

 

リンク

読売:

出生数減少 結婚支援へ有効な施策が要る : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

CO2再利用 日本の技術力を生かせるか : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

 

朝日:

(社説)共通テスト 指摘受け止めて改善を:朝日新聞デジタル (asahi.com)

(社説)中国海警法 海洋の緊張を高めるな:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

毎日:

社説:コロナ下の出生数減少 産みたいと思える社会に | 毎日新聞 (mainichi.jp)

社説:ジョブ型の働き方 会社の都合優先せぬよう | 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

産経:

【主張】サンマ枠の削減 国・地域別の設定を急げ - 産経ニュース (sankei.com)

【主張】3・11を前に 「揺れたら避難」の実践を - 産経ニュース (sankei.com)っd