再受験医師の社説紹介ブログ

医学部再受験し、地方国立大学を卒業しました。 毎日全国紙の社説のうち、面白そうなものを紹介します。 各紙の話題が共通している場合は、内容を比較します。

【社説比較】国際的なワクチン争奪、北方領土問題

各紙の比較

 読売が接触確認アプリ不具合と文化産業、朝日がコロナ下の経済支援、毎日が国際的なワクチン争奪と中国の台湾への圧力、産経が北方領土問題をとりあげた。

 

 国際的なワクチン争奪の現状を確認する。また、産経の北方領土問題に関する提案には驚かされたので、紹介したい。

 

 

国際的なワクチン争奪

 毎日によると、国際的なワクチン獲得競争が起きているようだ。『先進国では、接種回数で欧州連合(EU)15億9000万、米国12億1000万、日本3億1400万回分が確保済み』である一方、『アフリカ連合(AU)は15億回分の確保を目指しているが、めどが立ったのは2億7000万回分にとどまっている』。全体として、『世界人口の13%の国や地域がワクチン全供給量の51%を確保』しているという。

 

 問題は発展途上国にとどまらない。『EUは域内へのワクチン供給が不足すると判断した場合、輸出の差し止めが可能となる規制を導入した』。目的は、『オランダなどで生産されるワクチンが英国に優先して輸出されることを制限する』ことらしい。

 

 

北方領土問題

 産経北方領土問題に関する提案は衝撃的だ。『日本を愚弄し、翻弄し続けるプーチン政権との領土交渉はこちらから打ち切る決断をすべきとき』と、プーチン政権との交渉そのものを否定した。

 

 そして、『プーチン長期政権の足元も揺れ始めた』ことに乗じて、『ソ連の独裁者スターリン終戦直後、日ソ中立条約を一方的に破って丸腰の四島を火事場泥棒的に奪取した国家犯罪と、それを受け継ぐプーチン政権の非道性、逆に「四島返還」の正当性を世界に粘り強く訴える、新たな国際戦略の構築に着手し、対露外交の全資源を投入すべきだ』と熱く主張した。

 

 実現性があるとは思えないが、背景にある思想が気になる。

 


Q&A

なし

 


リンク

読売:

接触確認アプリ 政府は不具合放置を猛省せよ : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

文化産業の力 メガヒットをどう生み出すか : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

 

朝日:

(社説)コロナと経済 必要な支援を細やかに:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

毎日:

社説:コロナのワクチン争奪 国際協調が試される時だ - 毎日新聞 (mainichi.jp)

社説:中国の台湾への圧力 力の誇示こそ新冷戦招く - 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

産経:

【主張】北方領土の日 プーチン氏と交渉やめよ 「ソ連崩壊30年」で新戦略を - 産経ニュース (sankei.com)