再受験医師の社説比較

医学部再受験し、地方国立大学を卒業した精神科医です。 毎日全国紙の社説を比較します。多面的な見方を養い、幅広い知識をつけることを目標にしています。 勉強の手段としてAnkiというアプリを使用しており、これに転記できるようなQ&Aを付け加えています。

【社説比較】大学ファンド、GIGAスクール構想

各紙の比較

 読売が菅政権の外交と地方議会のオンライン審議、朝日が東京一極集中の是正と大学ファンド、毎日がデジタル化、産経が中国のWHO調査拒絶とGIGAスクール構想をとりあげた。

 

 大学ファンド、GIGAスクール構想について確認しておく。

 

 

大学ファンド

 朝日によると、政府は『大学の研究力強化のため10兆円規模のファンド基金)を創設することを決め、補正予算案などに計4兆5千億円を計上した』。運用益は『最大で年数千億円をめざす』という。『設備費が配分されるのは「世界に比肩するレベルの研究開発を行う大学」』とされる。

 

 朝日はファンドの意義を認めつつも、『資金の割り当てで「選択と集中」を進め過ぎたことが、最近の日本の研究力低下を招いた要因』と指摘し、『有力大への設備費の配分を多少抑えてでも、地方の国立大や公立大、私立大に大勢いる若手研究者の支援に重点を置くべき』と訴えた。

 

 

GIGAスクール構想

 産経によると、今春からGIGAスクール構想が実施される。同構想は、『パソコンなど1人1台の端末と高速ネットワークシステムを整備し、各学校において子供たちの個性に合わせたICT教育を実現するための施策』だ。

 

 『文部科学省の調査によると、全国の自治体の9割以上が今年度中に1人1台を実現する見通し』という。

 

 もっとも、『どのような授業を行うかは学校現場に任されており、全国一律で準備が進んでいるとはいえない』という。対策として『文科省は、専門知識を持つICT支援員を4校に1人の割合で配置するなどの対策に努めるが、技術面のサポートに偏りがちで、カリキュラムの見直しなどは、後回しになっている』。

 


Q&A

Q.政府は大学の研究力強化のため□円規模のファンド基金)を創設することを決め、補正予算案などに計4兆5千億円を計上した。運用益は最大で年数千億円をめざすという。設備費が配分されるのは「世界に比肩するレベルの研究開発を行う大学」とされる。

A.10兆

 

Q.□はパソコンなど1人1台の端末と高速ネットワークシステムを整備し、各学校において子供たちの個性に合わせたICT教育を実現するための施策だ。

A.GIGAスクール構想

 


リンク

読売:

菅外交の課題 自由で開放的な秩序を目指せ : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

地方議会の審議 オンライン参加の課題検証を : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

 

朝日:

(社説)東京一極集中 コロナ機に是正に動け:朝日新聞デジタル (asahi.com)

(社説)大学ファンド 裾野の拡大にも活用を:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

毎日:

社説:臨む’21 デジタル化する世界 大変革に対応した議論を - 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

産経:

【主張】WHOの調査拒絶 誰が中国を増長させたか - 産経ニュース (sankei.com)

【主張】GIGAスクール ソフト面の万全な準備を - 産経ニュース (sankei.com)