再受験医師の社説比較

医学部再受験し、地方国立大学を卒業した精神科医です。 毎日全国紙の社説を比較します。多面的な見方を養い、幅広い知識をつけることを目標にしています。 勉強の手段としてAnkiというアプリを使用しており、これに転記できるようなQ&Aを付け加えています。

【社説比較】少子化対策

各紙の比較

 読売がコロナワクチンと国際学力調査、朝日が座間事件判決と少子化対策、毎日がトランプ政治の弊害、産経が韓国文政権の検察攻撃と日中防衛相会談をとりあげた。毎日はこの1本のみ。

 

 少子化対策について簡単に記しておく。

 

少子化対策

 朝日は、全世代型社会保障の改革方針が閣議決定されたことを受けて、菅政権の少子化対策を紹介した。

 

 その内容は、『不妊治療支援は、2022年度からの保険適用を目指す。それまでの間、今の助成制度は所得制限をなくし、金額も増やす』、『待機児童解消に向けて、24年度末までに新たに14万人分の保育の受け皿を整備する』、『男性の育休取得を促すため、企業に制度の周知を義務づけることや、子どもが生まれた直後に休みをとりやすくする仕組みの導入』などだ。

 

 もっとも良い面ばかりではなく、財源捻出のために削られる部分もある。『新たな待機児童対策にかかる約1400億円』の『大半は児童手当の縮小で捻出する』ため、『例えば子ども2人で、扶養する配偶者がいる年収1200万円以上の人には、月5千円の特例給付が支給されなくなる』という。

 

  朝日は『見直しを一概には否定できない』としつつも、『子育て支援に充てる日本の予算が先進諸国の中でも手薄』であることを指摘し、財源確保・予算充実を訴えている。

 


Q&A

Q.菅政権は待機児童解消に向けて、24年度末までに新たに14万人分の保育の受け皿を整備する。新たな待機児童対策にかかる約1400億円の大半は□ で捻出する。

A.児童手当の縮小

 


リンク

読売:

コロナワクチン 速やかな接種へ万全を尽くせ : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

国際学力調査 「脱ゆとり」の成果が上がった : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

 

朝日:

(社説)座間事件判決 悩み受け止める態勢を:朝日新聞デジタル (asahi.com)

(社説)少子化対策 予算も増やしてこそ:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

毎日:

社説:トランプ政治の弊害 米国の民主主義を損ねた - 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

産経:

【主張】文政権の検察攻撃 法治国家の基盤崩すのか - 産経ニュース (sankei.com)

【主張】日中防衛相会談 次は尖閣守り抜く行動だ - 産経ニュース (sankei.com)