再受験医師の社説比較

医学部再受験し、地方国立大学を卒業した精神科医です。 毎日全国紙の社説を比較します。多面的な見方を養い、幅広い知識をつけることを目標にしています。 勉強の手段としてAnkiというアプリを使用しており、これに転記できるようなQ&Aを付け加えています。

【社説比較】GoTo停止

各紙の比較

 読売・毎日・産経がGoTo停止をとりあげた。その他読売がアフリカ外交、朝日が辺野古基地計画と香港の言論封じ、毎日がイージス艦新造、産経が中東の政治問題をとりあげた。

 

 GoTo停止について論調を比較する。

 

 

GoTo停止

 政府は12月28日から来年1月11日まで、GoToキトラベル事業を全国一斉に停止すると発表した。また、『今月27日までは、東京都と名古屋市を目的地とする旅行を補助の対象から除外し、出発については、2地域ともに自粛を求めた。札幌、大阪の両市への旅行に関しては、停止期間の延長を決めた』(読売)。

 

 読売は、停止を肯定的に紹介し、『首相は感染防止を優先させるという強い姿勢を示し、国民に安心感を与える』ことが中長期的な経済の回復につながるとした。

 

 その他、自衛隊看護官派遣や高齢患者の自宅療養、飲食店支援策の『1か月あたりの上限を120万円に増額する』など政府の対策を紹介した。

 

 毎日は、『追い込まれた末の、あまりにも遅い対応』と対応の遅さを批判した。

 

 またこの間の経緯について、『経済を優先し、感染対策を小出しにすることで事態を悪化させてきた』、『突然方針を変えた理由について、納得のいく説明もない』と更に批判を重ねた。

 

 産経は対応の遅さのみならず、停止の中途半端さをも批判した。『全国停止を28日まで待つ』ことに疑問を呈している。

 

 また、トラベル事業が『不要不急の外出自粛要請とは明らかに正反対』であることが『政府の姿勢を分かりにくくしている』と指摘した。

 

 もっとも、『トラベル事業が地方経済の下支えに有効』であることは認めており、『感染が収束傾向に転じるのを待って堂々と再開すればいい』とした。

 

 
Q&A

なし

 


リンク

読売:

GoTo停止 感染抑止優先で安心を与えよ : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

アフリカ外交 潜在力持つ国々と協力強化を : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

 

朝日:

(社説)土砂投入2年 理なき沖縄政策改めよ:朝日新聞デジタル (asahi.com)

(社説)黎氏の起訴 香港の不当な言論封じ:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

毎日:

社説:GoToの一時停止 後手に回った責任は重い - 毎日新聞 (mainichi.jp)

社説:イージス艦2隻の新造 防衛政策の全体像が先だ - 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

産経:

【主張】「アラブの春」10年 中東の厳しい現実直視を - 産経ニュース (sankei.com)

【主張】GoTo全国停止 28日まで待つ必要あるか - 産経ニュース (sankei.com)