再受験医師の社説比較

医学部再受験し、地方国立大学を卒業した精神科医です。 毎日全国紙の社説を比較します。多面的な見方を養い、幅広い知識をつけることを目標にしています。 勉強の手段としてAnkiというアプリを使用しており、これに転記できるようなQ&Aを付け加えています。

【社説比較】追加経済対策

各紙の比較

 読売・毎日・産経が追加経済対策をとりあげた。その他読売がストーカー対策、朝日が気象庁改革と脱エンジン車、毎日が元農相の現金授受疑惑、産経が日中の大学間協定をとりあげた。

 

 追加経済対策について論調を比較する。

 

 

追加経済対策

 政府は新型コロナ感染拡大を受けた追加経済対策を決定した。『事業規模は73・6兆円』に上る。『40兆円の財政支出のうち国費は約31兆円で、多くは2020年度第3次補正予算案に計上し、残り約10兆円を21年度予算案に回して「15か月予算」とする方針』という(読売)。

 

 読売は、追加経済対策に盛り込まれた内容を幅広く紹介した。列挙すると、『自治体のコロナ対策を後押しする「地方創生臨時交付金」については、1・5兆円を追加』、『企業が社員に払う休業手当の一部を補助する「雇用調整助成金」は、上限額を増やした特例措置の期限を、12月末から来年の2月末まで延長』、『ひとり親世帯などが対象の臨時特別給付金を、年内に再支給』、『「Go To トラベル」について、6月末までの延長を基本とし、平日への分散化を図る』、『環境技術の開発に取り組む企業を支援する2兆円の基金や、大学の研究基盤を強化する基金を設ける』、『官民のデジタル化促進に1兆円超を計上』といったところだ。おおむね好意的に紹介されている。

 

 毎日も多くの論点をあげたが、やや批判的に論じている。具体的には、『医療機関への支援など感染対策に充てるのは財政支出のわずか2割にも満たない』こと、国土強靭化に『今後5年で計15兆円をつぎ込む』が『積算の根拠は示していない』こと、『雇用を維持する企業への助成金上乗せは来年3月以降、縮小する方針』であることなどだ。

 

 産経はおおむね好意的だが、『経済活動を刺激しすぎるあまり感染が増勢を強め、かえって経済再生が遅れる』可能性や、『政権の看板に名を借りて不要不急の事業が紛れ込むこと』への懸念を表明した。

 


Q&A

なし

 


リンク

読売:

追加経済対策 効果的支出で感染拡大抑えよ : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

ストーカー対策 取り締まりと予防の両輪で : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

 

朝日:

(社説)気象庁改革 いのち守る使命新たに:朝日新聞デジタル (asahi.com)

(社説)脱エンジン車 気候危機克服の視点で:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

毎日:

社説:元農相の現金授受疑惑 倫理観の欠如が甚だしい - 毎日新聞 (mainichi.jp)

社説:コロナと追加経済対策 規模で不安は解消されぬ - 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

産経:

【主張】追加経済対策 実効性高めコロナ克服を - 産経ニュース (sankei.com)

【主張】日中の大学間協定 中国軍強化を助けるのか - 産経ニュース (sankei.com)