精神科医の社説比較

司法浪人から医学部再受験し、地方国立大学を卒業した精神科医。 毎日全国紙の社説を比較します。多面的な見方を養い、幅広い知識をつけることを目標にしています。 勉強の手段としてAnkiというアプリを使用しており、これに転記できるようなQ&Aを付け加えています。

【社説比較】ネット中傷対策、原発の長期活用

各紙の比較

 読売が政府のコロナ対策と「新興企業いじめ」、朝日が国会とネット中傷対策、毎日が森友問題と東証社長の引責辞任、産経が眞子さまのご結婚と原発の長期活用をとりあげた。

 

 ネット中傷対策と原発の長期活用について、ごく簡単にみておく。

 

 

ネット中傷対策

 朝日によると、『ネット上の書き込みで被害を受けた人の救済を図るため、法律を改正して新たな仕組みを導入する見通しになった』という。

 

 現状では、『サイトの運営者と接続業者を相手に、ネット上の住所や本人の氏名の開示を求め』る裁判を起こしたうえで、さらに損害賠償を求める裁判を起こす必要があり、『裁判を2回起こさなければならない』。今回の改正案では、『これを1回で済ませられる簡易な手続きを設け』たうえで、『不服がある時は正式な訴訟で争う』ことになる。

 

 朝日は基本的に賛成の立場だが、制度の乱用により『表現活動が広く萎縮しかねない』ことを懸念し、施行後に運用状況を検証することを求めた。

 

 

原発の長期活用

 産経は、『福井県高浜町議会が先月下旬、関西電力高浜原発1、2号機の再稼働に同意した』ことをうけて、原発の長期活用について論じた。『両機とも運転開始から40年を過ぎた高経年原発で、平成28年に原子力規制委員会によって新規制基準への適合性と20年間の運転延長が認められている』。

 

 原発の長期活用を安全面で危惧する声もあるが、産経によると『大部分の装置や部品類は定期検査の際に新品に取り換えられており、交換できない原子炉圧力容器の本体などは材質に劣化のないことが厳密に確認されている』ため心配ないという。

 

 また海外に目を向けると、『米国では稼働中の原発94基のうち45基が40年超の原発で、うち4基については米原子力規制委員会(NRC)によって80年間の運転が承認されている』と、長期活用の事例もあるようだ。

 


Q&A

なし

 


リンク

読売:

新型コロナ対策 感染抑止を最優先に取り組め : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

新興企業いじめ 大手の不当行為は許されない : 社説 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

 

朝日:

(社説)国会最終盤 安倍氏の説明欠かせぬ:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 (社説)ネット中傷対策 試行錯誤を重ねながら:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

毎日:

社説:森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視 - 毎日新聞 (mainichi.jp)

社説:東証社長の引責辞任 信頼回復への道は険しい - 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

産経:

【主張】眞子さまのご結婚 祝福できる形を望みたい - 産経ニュース (sankei.com)

【主張】高浜「地元同意」 原発の長期活用は常識だ - 産経ニュース (sankei.com)